身体が硬い人でも開脚が出来る方法

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

 

北海道にお住まいのヨガマニアさんより

身体が硬い人が開脚できるようになる方法を教えてくださいとのご質問をいただきました。

ありがとうございます!

 

 

ヨガマニアさんはヨガをされているとのことで、今回は一般的なヨガのポーズをとること以外の方法をご提案したいと思います。

 

開脚にはストレッチ?

 

競技者やアスリートだけでなく、今では一般の方にも馴染みの深い「ストレッチ」というワード。開脚をマスターするにも、この「ストレッチ」をすればいいのでは?と思う方が多いと思いますし、実際に間違いではありません。

 

英語で「伸ばす・引っ張る」などという意味を持つ「ストレッチ」は、怪我の予防・トレーニングの効率を高めること等を目的に運動前のウォーミングアップ、または運動後のクールダウンとして広く実践されています。

 

もちろん今回の開脚をマスターすることにも「ストレッチ」は有効なのですが、ストレッチにはいくつかの分類があるのを知っていますか?意外と見落としがちですが、ここを理解して実践するとスムーズかもしれません。

 

理解しておきたい2つのストレッチ

 

ここでは、一般の方を基準に考えオススメできる2つのストレッチをお伝えします。それは、「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」の2種類です。

 

それぞれには異なった性質、特徴や効果があるため、それらを理解して実践しなくてはならないのですが、今回の回答には詳細は割愛し、結論だけ述べますが、一般の方が「ストレッチ」と聞いてイメージしているのは「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」が多いように、日々お客様と接していて感じます。

 

そして、今回ご質問者さんはヨガをすでに実践されていますが、ヨガのポーズの多くは「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」なので、そこに「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」の動きをプラスすることで開脚もマスターできるという私の見解です。

 

 

なぜ身体が硬い人に動的ストレッチが有効?

 

なぜ今回私が質問者さんに対して、「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」の動きをプラスすることをオススメするかというと、身体の硬い人であればあるほど、「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」が拷問のように。笑 辛くしんどいことと感じているケースが多いからです。なぜなら静的というくらいなので、呼吸をしながらポーズで止まっている状態をキープします。ジンワリ伸びるくらいならいいのですが、身体が硬い人は呼吸も止まりがちで、イタタタ!!!!となってしまうことが多いです。(もちろん硬いレベルにもよりますが)

 

それに対して、「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」は、関節を動かすイメージです。当然ながら、関節が動くのは筋肉等の伸び縮みによってなのですが、「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」は原則1つの方向に筋肉を引き伸ばすのに対し、「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」はいろいろな方向にアクティブに動かすことになります。

 

今回ご質問頂いた、開脚について言えば股関節のスムーズな動きが重要なポイントとなり、また股関節は骨セミナーでも学ぶのですが「球関節」なので、色々な方向に動かすことが大事なポイントになります。

 

開脚というと、横に開くことに拘ってしまい「静的ストレッチ(スタティックストレッチ)」を続けることが多いかと思いますが、少し発想を変えて「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」を是非取り入れてみてくださいね。

 

 

実際のやり方は以下のYouTubeの通りですので試してみてください(^^)

 

バレエの基礎練習である

ロンドジャンブアテールという動きがオススメです。

 

 

☆まとめ☆

・開脚にはストレッチなのか改めて考える

・ストレッチにも種類があることを知る

・開脚に有効なストレッチを知り実践する

 

 

以上です。

ご質問ありがとうございました。

 

 

ご質問も以下のバナーから

詳細をご確認いただきぜひ送ってくださいね♡

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡

QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!