ママも赤ちゃんも楽な抱っこの仕方(実践編)

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

京都府にお住いのマインさんより

ママも赤ちゃんも楽な抱っこの仕方についてご質問をいただきました。

ありがとうございます!

 

 

私も4歳の娘を育てている現役ママですが

0歳から1歳くらいは本当に抱っこがしんどくて・・・

なるべく回避していました。笑

ママのカラダが楽であること(一時的ではなく長期的視点で)は

心身の健康のためにとても大切です。

 

今回は、前回のコラムでお伝えした方法を元に

実際に1歳6か月の赤ちゃんに協力をしてもらいながら

抱っこの仕方を実践してみました。

 

 

 

モデルの赤ちゃんは、すでに歩行ができる月齢です。

本人が歩きたがるようでしたら、安全が確保できれば

歩いてもらうのがベストです♡

ですが、なかなかそうもいかないのがリアルな育児。涙

歩くのが楽しいと思ってもらえる工夫が必要かもですね。

 

また、モデルの赤ちゃんは撮影時に全く暴れませんが・・・

これもリアル育児では、そうはいかない大暴れ。苦笑

ですから、この動画はあくまでも参考に。笑

 

 

1歳から2歳くらいは難しくて・・・

歩けるけれど歩かないという場面も多々ありますよね。

ですから、抱っこひものコンパクトタイプを

常に携帯しておくと、お出かけ時にカラダが楽ですよ。

私はエルゴのパッカブルタイプを愛用していました。

もはや神アイテムでしたね!!

 

娘は2013年生まれで、当時はあったのですが

エルゴのパッカブルタイプ残念ながら

今は販売していないようなので

メルカリ等で探してみてくださいね♪

 

他にも、荷物が多いママに嬉しい

コンパクトに収納できるタイプは色々あるので

こちらにご紹介しておきますね☆

 

 

両肩タイプと片肩タイプがありますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

アイテムも上手に活用して

少しでもカラダの負担を軽くしましょう。

ママのカラダが楽な体勢が結局は、赤ちゃんにとっても

しっかりと密着していて安心でき、心強いですよ。

 

抱っこひもの個人アドバイスが欲しい方は

専門アドバイザーをご紹介しますので

こちらまでお問い合わせくださいね。

 

 

 

ご質問も以下のバナーから

詳細をご確認いただきぜひ送ってくださいね♡

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ大好評発売中!
柴田郁恵の骨セミナー実技復習DVD

ご自宅で好きな時間に気軽に始められる!!
骨先生のメソッドを取り入れて理想の自分になりましょう♪骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡

QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!