ママも赤ちゃんも楽な抱っこの仕方

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

京都府にお住いのマインさんより

ママも赤ちゃんも楽な抱っこの仕方についてご質問をいただきました。

ありがとうございます!

 

 

私も4歳の娘を育てている現役ママですが

0歳から1歳くらいは本当に抱っこがしんどくて・・・

なるべく回避していました。笑

ママのカラダが楽であること(一時的ではなく長期的視点で)は

心身の健康のためにとても大切です。

 

今日は以前撮影したこちらの動画を参考に

補足を説明していきますね。

 

 

 

縦抱きの場合

赤ちゃんのお尻の下に前腕(肘から先の部分)を

敷くようにするといいです。

この時、前腕の骨全部を使い、その長さよりも

赤ちゃんのお尻が大きい場合には・・・

ママのカラダのために抱っこはなるべく卒業して

おんぶにするか、必ず抱っこひもを使用しましょう。

 

そうでないと、はみ出たお尻をサポートするのに

手首を使ってしまい腱鞘炎になったり

腰骨に乗せて骨盤がズレたり・・・

他の部分へも影響が出てきて、いずれはカラダがしんどくなります。

 

一時期は楽に感じる体勢であっても

長期的に見ると避けたほうがいいでしょう。

 

 

横抱きの場合

首すわり前の時期には、横抱きにすることも多いかと思いますが

その場合には、前腕(肘から手首まで)を

赤ちゃんも背骨に添わせるようにして

反対側の手で頭を支える形がよいでしょう。

 

また、座って授乳する時には、前かがみにならないで済むように、

必ず授乳クッション等を太ももや膝に置いて位置を高くします。

毎日何度もする体勢ですから、めんどうになって

ダランとした格好になるのもわかるのですが、

やはり普段から姿勢を意識しておかないと・・・

授乳期が終わってから、ふと体型の変化に気づくものです。

夜間、寝ながらの授乳以外ではなるべく姿勢を整えましょう。

 

 

抱っこの際の注意点

最後は、普段何気なくやっている方が多いですが

とても危ない!抱っこをする際の動作についてです。

よく、赤ちゃんの脇の下に手を入れて、そのまま持ち上げる方がいますが

肩関節に負担がかかるため、避けてください。

 

子どもの身体発達の順序では、脚に比べて上半身は後になっています。

ですから、まだ発達途中で、いわば緩い状態にある

肩関節に負担をかけるのは、好ましくありません。

 

赤ちゃんを抱っこする際には、必ず肋骨(おっぱいのサイドあたりが安定します)

を両手で抱えましょう。

またその際、なるべく赤ちゃんと自分の距離を近くして、寄っておくことも忘れずに。

離れていれば離れているほど、抱っこする側の腕も不要に負担がかかり

疲れますし、ムキムキしてしまいますよ。汗

注意して見直してみてくださいね♡

 

 

 

愛情を伝えるには何も必ずしも

抱っこしなくてはならないわけではありません。

 

私は自分のカラダがしんどいと、子どもに対して

余裕を持って接することができなかったので

 

抱っこひも使用

おんぶに切り替える

ベビーカーに乗せる

子乗せ自転車に乗せる

誰かに抱っこしてもらう

無理せず、安全な場所に下ろす

など・・・

色々試行錯誤しました。

 

子育てはしんどいけれど一時期

自分のカラダと付き合うのは一生

ですから、決して無理はしないでくださいね♡

 

 

☆まとめ☆

・縦抱きでは、手首の負担に注意

・横抱き(授乳時)では、赤ちゃんの高さを調整すること

・脇の下ではなく、肋骨を抱えて持ち上げること

 

 

以上です。

 

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ 

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡

QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!