膝や股関節が快適な運転中の姿勢

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

愛知にお住まいのまゆさんより
膝や股関節が快適な運転中の姿勢についてのご質問をいただきました。
ありがとうございます!
まゆさんは、普段お車の運転をされる際に
膝・踵・つま先を同じ方向に向けて踏み込んでいらっしゃるようです。
股関節や膝に負担のかからない快適なポジションはありますか?
とのことですが、実は今実践して頂いているポジションが
骨や関節の仕組み的に正解です!!
今回はその理由や、もう1点運転中に気をつけるべきポイントを
合わせてお伝えしますね。

膝とつま先の方向を必ず合わせること

女性や筋力の弱い高齢の方等にありがちなのですが、
運転中に限らず膝とつま先の向きが一致していない場合があります。
膝の関節(膝関節)は原則的に
『ねじれ』に対応していない蝶番関節です。
ですから、膝を曲げる動きの際(この場合には座った体勢)
膝のお皿がつま先の向いている方向と一致していないと
『ねじれている』状態になるため
膝の構造上、負担がかかりやすくなります。
運転時の膝関節は
大なり小なり曲げ続けていますよね?
ですから、長時間負担がかかり続けるということになります。
膝に痛みが起こらないにしても
関節の負担を解消するために
本来働くべきでない筋肉に力が入る場合があり
脚が太くなることも!!
ですから、運転時は必ず!
つま先の向いている方向に膝を踏み込みましょう。

踵の不安定な靴は危ない

続いて運転時の踵のポジションついてです。
女性に多いのですが、ファッションを重視して
ピンヒール等の踵の加重が不安定になる靴を履いたまま
運転される場合がありますがこれはとても危険です!!
先程お伝えした通り、
いくらつま先と膝の方向を一致させるように意識しても
土台となる踵がぶれて不安定では
アクセルを踏む際に膝関節また足首にも
『ねじれ』が起こってしまいます。
そうなりますと、太ももやふくらはぎ、足首まで
負担がかかり太くなりやすいです。
以上の理由から、運転時は
踵の安定した靴に履き替えることをオススメします♡

股関節が楽な座り方

最後に、股関節が楽な座り方については
骨セミナーでもお伝えしていますが
ASIS(いわゆる腰骨のグリグリしたところ)よりも
膝の位置が下にある状態を作ることが重要になります。
ですから、座面に深く座らずに
坐骨の下(お尻の下でOKです)に
硬いクッションやタオルを敷いて底上げをすることが有効です。
その際には、ご自身の背丈と車高
また、運転時の視界やハンドルとの距離にも
充分に配慮してくださいね。
こちらの動画では
ASISの位置や膝の位置について説明していますので
合わせてご覧いただきますと理解が深まりますよ♪
(腰痛も予防できます)

毎日運転をされる方や
長距離運転をされる方は
運転時の骨の位置を見直すだけで
カラダが楽で、さらに脚が細くなる♡
大事なポイントですので覚えておいてくださいね。

☆まとめ☆

・つま先と膝の向きを合わせること
・踵が安定した靴で運転すること
・腰骨よりも膝が下にくるよう座面等を調整すること
以上です。

ご質問も以下のバナーから

詳細をご確認いただきぜひ送ってくださいね♡

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ大好評発売中!
柴田郁恵の骨セミナー実技復習DVD

ご自宅で好きな時間に気軽に始められる!!
骨先生のメソッドを取り入れて理想の自分になりましょう♪骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡

QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!