カラダが硬いってなぜ良くないんですか?

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

カラダが硬いってなぜ良くないんですか?

大阪府にお住まいのパンダさんからご質問をいただきました。ありがとうございます!

整骨院などで、たびたびカラダが硬いって言われるのですが、硬いと具体的に何が良くないのですか?とのことです。皆さん、整骨院に限らず、マッサージなどの施術者の方にココが硬いとか指摘されるようですね。

カラダの仕事をする立場の人間としては、問題点を指摘するだけでなく、なぜそれが良くないとされているのか(根拠)と、その後のアドバイス(具体的な行動)も提供しなくてはだと思うのですが、現在の治療院、その他の多くはなかなかそういったサービス提供ができていないようです。

今回は、ご質問をいただきました、なぜ?(根拠)の部分と、一般の方が見落としがちな大切な要素にフォーカスしてお伝えしますね。

カラダが硬い(硬すぎる)とどうなるか?

理論的に解説すると、カラダが極端に硬い場合には、運動時に限らず、日常の様々な動作に制限がかかります。(動きにくさ)
すると、本来働くべきでない筋肉や関節等を代わりに使う、代償動作(トリックモーションなどとも言います)が起こったり、一定の部位を過剰に使い過ぎたりします。(誤動作、緊張や凝りにつながる

その結果、一部の筋肉や、関節等の疲弊が生まれ(疲労感や筋肉痛、関節の痛み

使われない部分と使いすぎな部分が出てきて、さらに悪循環へと繋がります。

そう考えると、いわゆる柔軟性はある程度あったほうがより動きやすくストレスフリーな感じがしますよね?

ですが、柔軟性と合わせてもう1つ大切なことがあります!それは・・・

 

コントロールできること

カラダが硬くて(硬すぎて)起こる問題点は簡単に説明すると上記の内容なのですが、実際にはカラダが硬いか柔らかいかということと合わせて、もう1つ大切な要素があります。

—————————
関節の可動域を適正な範囲内で
コントロールできることなんです。
—————————

なので、実はカラダが柔らかすぎても、うまくコントロールできずに、振り切れてしまい、例えば脱臼に繋がったりもしますし、歪みを誘発します。柔らかければいいということでもないのですね。

つまり、カラダがかたい人のすべきことは(あ、柔らかすぎの人も)

—————————–
【骨】を適正な位置に安定させ
必要に応じて動かすことができるよう
可動域内でコントロールできるようになること。
—————————–

なんです。上記のことができていれば、どこかが痛くなったり、過度に太ったりはなくなります。

ですが、一般の方はそもそも、【骨】の適正な位置を知らないですよね?(特に考える機会もないですし)その上、カラダが硬いと指摘されても、それが何?特に不自由していないよ?と思ってしまう方も多いと思うのですが、ある程度の柔軟性があると言うことは(もちろん筋力もです)カラダが楽に動き、ご自身の積極的な行動の幅が広がり、生活の質が向上すると思っていただけたら嬉しいです。

具体的な方法については、ぜひ自己流ストレッチとはサヨナラして、骨セミナーを受けに骨先生に会いに来てくださいね♡

 

☆まとめ☆

・硬いことで起こる悪循環を理解する

・柔軟性と同時に大切なのはコントロールできるかどうか

・関節、骨の位置の基礎知識を学べば生涯活かせます!

 

以上です。

 

 

 

 

ご質問も以下のバナーから

詳細をご確認いただきぜひ送ってくださいね♡

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ

大好評発売中!
柴田郁恵の骨セミナー実技復習DVD

ご自宅で好きな時間に気軽に始められる!!
骨先生のメソッドを取り入れて理想の自分になりましょう♪
骨先生の公式LINE@ができました

骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡
QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!