パソコン作業が多く、頭痛がする場合の対処法について

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

パソコン作業が多く、頭痛がする場合の対処法について

 

栃木県にお住まいのおばばさんより

パソコン作業が多く、頭痛がする場合の対処法についてご質問をいただきました。

ありがとうございます!

 

頭痛がよくあるのですが、姿勢や仕事柄(PC作業あり)に関係あるのでしょうか?マッサージに行くとかなり肩が凝っていると言われます…。とのことです。

おばばさんはWebのお仕事をされているとのことですが、そうでなくても我々現代人はパソコンにスマホにと、眼精疲労が溜まりやすい生活をしています。

なので、今日は頭痛につながる1つの原因と言われている眼精疲労の解消方法に焦点をあててご紹介しますね。

 

まずは、頭部の位置の確認をする

 

以前のコラム(背中のバキバキを解消する方法)でもお伝えしたのですが、頭の位置(もちろん首も)が前方に出ていると、首や肩こり、頭痛の原因になりやすいので、まずは以前のコラムも復習してみてください。

では、次に眼精疲労の解消法について説明しますね。

 

 

休憩時間に眼も電源をオフにする!

 

私達の眼球は、何時間も酷使していると、例えて言うならば電源がオンになりっぱなしの電子機器状態です。実際に交感神経がオンになっている日中は眼球が少し飛び出ています。なので、あえて休憩時間には眼球を引っ込ませる(元に戻す)ことで電源をオフにしましょう。

眼精疲労が強く、頭痛のする方は寝ていても眼球が飛び出たままのスリープモード?のようになっていて、しっかり休められていないこともあります。

 

具体的には、数時間に一度、難しければお昼休憩に1回、寝る前に1回でもいいので、眼を閉じてその上にホットタオルや市販の温かいアイマスクなどを乗せて温めてあげましょう。

眼だけでなく周辺の筋肉の緊張も和らぎ、眼がすっと奥に戻ります。これで15分ほど休憩できるといいですね!お昼寝できたら最高ですが。笑 就寝前は、そのままでも冷えないアイマスクなどで、眠ってしまいましょう。

 

 

アイテムが用意できない場合は自分の手で温める

 

いつでもどこでもホットタオルやアイマスクを使用するのはなかなか難しいので、動画を参照していただき手のひらの下の方、手首付近の厚みのあるあたりをまぶたの上にあててみてかるくほぐすのもOKです。その場合アイメイクやコンタクトレンズ使用の方は圧をかけすぎないように、タオルなど挟んだり注意しましょうね。

特にこれからの季節は寒いですから、ポカポカ温めるだけで気持ちがいいですよね♪

ぜひ、やってみてくださいね。

 

 

 

☆まとめ☆

・まずは頭部の位置を復習

・眼の電源をオフにする!

・アイテムがなければ手のひらで温める

 

 

以上です。

 

 

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ 

 

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡


QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!