立っている時の重心の保ち方について

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

立っている時の重心の保ち方について

岐阜県にお住いのまよねーずさんからご質問をいただきました。

ありがとうございます!

気づくと重心が足の外側にかかっているとのこと、内側に重心を持ってくるとプルプルするようです・・・みなさんも経験がありますか?

そもそも足の裏の重心ってどこに置いたらいいのでしょうか?

 

まずは、いわゆるピシッとした「きをつけ!」をやめること

普段の生活で、そんなにピシッとした「きをつけ!」をしてないよ?と思われるかもしれませんが、実際には一部の骨、関節で、案外やってるのです。

骨、関節の視点から見てみると・・・あなたは膝を伸ばしきって立ってはいませんか?

膝の関節を伸ばしきっていると、まよねーずさんの言うとおり、重心が外側に逃げやすくなります。もちろん、関節の付き方にも個性があるので、一概には言えませんが、私も外側に逃げるタイプです。

では、実際にはどうやって立ったらよいのでしょうか?

 

膝を軽く緩めて、関節に遊びをつくること

足の幅は腰骨のグリグリの幅ほどに開き、つま先は正面向き(外反母趾の方は外に向きやすいので注意)に立ち、ゆっくりと目を閉じて、膝を軽く緩めてみましょう。(膝は、曲げるというより緩めて遊びをつくる感じです)

目を閉じていると、少しフラフラするかもしれませんが、視界を遮ることで、足裏への集中は高まりませんか?

さて、今あなたの重心はどこにありますか?膝を緩めて、遊びをつくったので、少しフラフラしても、倒れることはなく、自然と中心に集まってくるような感覚がありませんか?

今あなたが感じている感覚を大切にしてみてください。心地よく安定している重心が、現時点でのあなたのベストの重心のかけ方です。

 

あえて答えを言うならば、足裏の体重は3点の意識

上記のように曖昧答えは困る・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、自分のカラダで実験をするのは楽しいので、ぜひオススメします。笑

人間はロボットではないので、骨の作りにも個性があり、一概にココに重心を置いたら完璧!!とは言えないのです。が、あえて答えを言うならば、<親指の付け根、小指の付け根、かかと>の3点を意識してみてください。どこかに大きく体重が乗りすぎていたらNGだと思っておきましょう。(膝を緩めておけばそうそうなりませんが)

ただ、人間は動く生き物なので、ただ立っている時というのは意外と少なく、膝を緩めておけば大丈夫というのが私の骨的な理論です。(コレは脚をほっそりさせるにも大切なポイントです♡)

 

☆まとめ☆

・膝を緩めて関節に遊びをつくること

・今日のベストの重心を自分で感じること

・あえて言うなら<3点>に体重を乗せること

 

以上です。

 

 

 

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ 

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡


QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!