股関節の痛みを和らげる方法について

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

股関節の痛みを和らげる方法について

岩手県にお住いのパート業ちいこさんより

股関節、脚の付け根の痛みを和らげる方法についての

ご質問をいただきました。

ありがとうございます!

 

 

 

股関節の基本的な動きを確認

股関節は球関節ですので、本来色々な方向へ滑らかに動く関節です。

しかしながら、現代の生活様式では座る時間がながく、脚はいつも前にありますよね。

すると、足の付根の(コマネチのラインです。笑)にある鼠径部のリンパの流れが停滞し、痛み・違和感を感じる場合があります。

 

ですから、股関節は本来備わっている仕組みの通りに、脚を前、横、後ろなどいろいろな方向へと動かしてあげることが大切です。

 

基本はやはり「あしりストレッチ」

骨セミナーの内容にある通り、鼠径部のリンパの流れ、また血流も促すのは

やはり基本の「あしりストレッチ」になります。

普段前にばかり動かしている脚を、「あしりストレッチ」では後ろにします。

はじめはかなり、痛い!と言う方が、私のお客様では8割以上ですので、ご安心を。

慣れてくると、とっても気持ちよく、寝る前にオススメです♡

 

「あしりストレッチ」写真を参照

 

 

 

 
 

 

 

 

痛みが続く場合には整形外科の受診をしましょう

あしりストレッチをすることで徐々に股関節の動きがスムーズになりますから

股関節の違和感や痛みは緩和、または解消していくことが多いのですが、あしりストレッチをすると

余計に痛みがひどくなる場合、また痛みが続いて歩行が困難な場合には要注意です。

 

加齢や運動不足による筋力低下に伴い、「変形性股関節症」という股関節のカタチ自体が変形してしまっていることも考えられます。

特に、女性の場合には、閉経後、また60歳前後から「変形性股関節症」によって手術をする方が増えています。

股関節は、上半身の肩関節と違い、体重を支えている部分ですので、毎日かなりの重労働をしている関節です。

一生歩けるカラダでいるには、まずは受診をしてみて、問題がなければ、また「あしりストレッチ」を再開してみてくださいね。

 

私も実は股関節の異常があります

実は私自身、左の股関節に少々変形があります。しかし、それをわかっているから、普段から気をつけて生活することができますし、対処ができます。

痛みが続いている、またどんどん酷くなっている場合には、無理せず医療の力を借りてみましょう。

 

☆まとめ☆

・股関節が本来持っている動きの特性を理解する

・基本の「あしりストレッチ」を行う

・痛みが続く、悪化している場合には受診しましょう

 

 

以上です。

ちいこさん

ありがとうございました♡

 

 

ご質問も以下のバナーから

詳細をご確認いただきぜひ送ってくださいね♡

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ 

大好評発売中!
柴田郁恵の骨セミナー実技復習DVD

ご自宅で好きな時間に気軽に始められる!!
骨先生のメソッドを取り入れて理想の自分になりましょう♪

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね


QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!