子どもの頃からできる運動や習慣について

投稿日: カテゴリー: ◆骨先生が100の質問にお答えします

愛知県名古屋市主婦:えっちゃんさん

『小さい頃からできる運動や習慣について教えて下さい』

 

えっちゃんさん

ご質問ありがとうございます!

 

 

 

お子さんの年齢は2歳と5歳とのことで

そろそろ習い事などさせたり

身体発達について気になる年齢ですよね。

就学前と就学後で注意点が異なりますので

書かせていただきますね。

 

就学前は、あえて習い事などさせなくてもOKです

 

というのも、就学前の子どもは

脳とカラダをリンクさせる準備段階にあります。

また、就学前の時期は個人差が多いので

集団での習い事は、案外子どもにとって

心身ともに、窮屈だったりもします。

 

例えば・・・

同じ学年内であっても

生まれ月によって、発達段階の差も多く

月ではなく年単位での個人差も当たり前です。

 

就学前は屋外にて放牧スタイルで!

 

天気の良い日は、なるべく屋外に行き

あ、これから寒い時期ですし、屋内でも大丈夫ですよ。

安全を確保しながら(親が見ていてあげれば)

遊びの中でカラダを動かせば十分です。

 

その際の環境として

・平地

・アップダウンのあるところ

・腕も使ってよじ登るところ

などがあれば、さらに良いですね。

 

兎にも角にも

就学前は保育園や幼稚園でも

案外と運動量がありますので

あえて、習い事をしたりしなくて大丈夫です。

 

問題は就学後・・・の運動不足!

 

その一方で、就学前と比べて

親が気にかけなくてはならないのが

就学後、つまり1年生からの深刻な運動不足!!

 

1年生からは40分授業を多くて5・6時間でしょうか

お住いのエリアや学校にもよると思いますが

基本的に座学のときは座りっぱなし

立ってウロウロしたら注意されます。

 

就学前と異なり

圧倒的に座っている時間が長くなるので

(デスクワーカーの方はきっと気持ちがわかるのでは?)

ここで身長などカラダのサイズに合わなかったり

筋肉の発達状況によっては

歪みが始まると考えられます。

 

就学前のように、カラダを動かす機会=運動

が、圧倒的に少なくなるのですね。

 

では具体的にどうすれば・・・

 

必要に応じて、習い事などでカラダを動かす

 

時間とお金に余裕があれば

就学後こそ、運動系の習い事で

カラダを動かすことをオススメします。

ご両親がお仕事をされていたり

なかなか送り迎えなど難しい場合には

無理に通わなくても大丈夫ですよ。

 

就学前と同じように

公園などで遊ばせておいてください。

(どなたか保護者の見守りは必要ですが)

 

その際は、可能でしたら

いつも同じ場所よりも

たまには違った場所で遊ぶほうがいいです。

 

なぜなら、脳とカラダをたくさん使って

新たな遊びを作り出すからです。

 

子どもは、親から与えられた遊びよりも

自分自身が遊びを創造する過程で

脳とカラダが大きく成長しますよ。

(もちろん就学前もです)

 

 

☆まとめ☆

・就学前は外で元気に遊ばせればOK

・1年生からは、運動系の習い事ができればベスト

・脳とカラダを使う機会を作ってあげること

 

えっちゃんさん

ご質問ありがとうございました♡

 

 

運動嫌い専門!骨先生こと柴田郁恵ご提供メニュー
骨セミナー
骨先生のオンライン個別相談
運動指導者向けビジネスセミナー
予約可能日時
お問い合わせ
 

骨先生の公式LINE@ができました
骨先生の最新情報を受け取りたい方は、LINE@にご登録くださいね♡


QRコードまたは
友だち追加
または
@honesensei
で検索!!